Skip to content

温泉街に宿泊するカニバスツアー

カニバスというのは、松葉ガニやズワイガニなどが水揚げされる名産地にバスで直接出向いて、そこで冬の味覚の代名詞になっているカニの料理を味わうパッケージツアーのことをいいます。

これらは全国的に旅行代理店などを通じた募集があり、定員になっていなければ、受け付けをしてもらうことができます。カニバスの一日の日程としては、集合場所からバスで出発して、高速道路を通って現地まで行き、そこでカニの食べ放題などの企画があり、宿泊は現地の周辺にある温泉旅館や温泉ホテルになるのが一般的です。

バスは電車などと違って機動性があり、どこにでも直線的に行けることがメリットですので、プランによっては、途中で神社仏閣や城跡などの観光地に立ち寄ることもあります。宿泊の場合、たいていのカニバスの行き先には天然の温泉が湧いており、昔からの温泉街が形成されていることがほとんどです。
そのため、カニバスとはいいながら、カニだけが目的ではなく、そのあとの温泉でゆったりとするところまでを想定したツアーと考えたほうがよいでしょう。

カニバスを利用する上での注意としては、カニの旬のシーズンが冬場のため、この時期を逃すと、次の年までは募集されない可能性があることです。
また、プランのなかには、宿泊がセットになっておらず、もっぱら日中だけの行程で、日帰りになっているものもありますので、間違えて申し込みをして後悔してしまわないようにすることが挙げられます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *