Skip to content

かにバスツアーの前に知りたい、カニの種類の区別

かにバスツアーで大人気の行先に北陸地方があります。

北陸地方は、この数年で人気が急増の地域の一つです。

数年前の北陸新幹線の開通で知名度が上がり、さらに海産物や名物料理のおいしさもあり人気上昇となりました。

そして北陸地方の中でも人気なのが富山県です。富山県は伝統的にはチューリップの栽培や精密機器で有名な県です。ですが現在は、おいしい海産物や名物料理で観光客に知られています。

富山県でカニと言えば、日本海・富山湾で獲れるズワイガニです。ところが富山県の周辺では、ずいぶん多くの種類のカニを見聞きします。

加能カニ・越前カニ・松葉カニ・香箱カニ・セイコガニ・セコガニ・親ガニ等です。

かにバスツアー参加者でも、区別がつかない人もいます。

実は、これらのカニは全てズワイガニのことです。加能カニは石川県産のズワイガニです。

加賀・能登で獲れるカニなので、加能カニと呼ばれます。

越前カニは福井県沖で獲れるオスのズワイガニのことです。松葉カニも、成長したオスのズワイガニの呼び名です。一般的には山陰地方、京都府から島根県の間あたりで獲れるものを差します。また北海道で獲れたものを北海松葉カニと呼ぶこともあります。

香箱カニはメスのズワイガニで、北陸地方で獲れるものです。セイコガニは地域を問わず、メスのズワイガニのことです。

地域によりセコガニと呼ぶこともあります。親ガニも同様に、メスのズワイガニの呼び名です。

現在はブランド蟹が流行している影響で、地域により多数の呼び名を見かけます。ですが、どのカニもおいしそうです。多数のカニを眺めるうちに、かにバスツアー参加が楽しみになります。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *