Skip to content

カニを堪能しにホテルへ宿泊

冬のごちそうの代表の一つがカニで、北海道のイメージを持つ人が多い傾向があります。

しかし、山陰地方や北陸地方も漁獲量が多く、美味しいかにが食べられる地域としても認知されています。

北海道ではズワイガニやタラバガニ、毛ガニが有名です。北海道の市場へ足を運ぶと、当たり前のように目にしますが、花咲ガニはなかなかお目にかかることが出来ません。

花咲ガニは幻ともいわれ、最近では漁獲量が最盛期の20分の1程で貴重であるからです。

近年ではファンの要望に応えてカニをメインとした宿泊プランも充実しています。

時期により食べられる種類が異なりますが、北海道では色々な種類のカニが捕れるので1年中カニが食べられる宿泊プランが豊富です。

また、山陰地方の島根県は北海道に次ぐ漁獲量を誇りズワイガニや紅ズワイが捕れます。

中でも紅ズワイは日本で一番の漁獲量で、11月から1月頃が最盛期となる為、かにの宿泊プランを利用するならこの時期に予定を立てるのが良いでしょう。そして北陸地方の福井県では越前ガニが有名です。

越前ガニとはズワイガニの事で、オスのズワイガニをブランドとして越前ガニとしています。

また石川県では加能ガニがブランドズワイガニとして有名で市場でも高値で取引されることも多いのです。

山陰地方や北陸地方でもカニが堪能できる宿泊プランが充実しており、好きなブランドガニが選べるなどのプランも充実しているので、冬の味覚を堪能するのであれば北海道、もしくは山陰地方や北陸地方がおすすめです。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です