Skip to content

カニバス旅行も好評、愛媛県は名物料理も人気

カニバス旅行の人気の行先の一つが四国地方で、中でも人気の一つが愛媛県です。

愛媛県は秋冬はワタリガニが旬の時期で、各所でおいしい蟹料理が名物となります。

愛媛県の蟹料理の特色の一つに、カニクリームコロッケがあります。この背景には、愛媛県内には洋食店が多いことがあります。

愛媛県では近世から洋風なものがハイカラと好まれてきました。現在も何かと小洒落た洋風のものが好まれています。

愛媛県の名物料理を見ると、見事に和洋中が共存しています。和風メニューには魚介類が主役のものも多いです。

代表的なものに、タコ飯・鯛飯・鯛素麺などがあります。愛媛県の和風の名物料理では、もぶり飯も有名です。

ちらし寿司ですが、瀬戸内海の魚介類が贅沢に載っています。

酢漬けの小魚・煮アナゴ・エビ・タコ等で、具材が豊富です。さらに錦糸卵・絹さや・紅ショウガも載って、見た目もきれいです。明治の文豪、正岡子規の好物だったというのもわかります。洋食メニューの代表がコロッケで、蟹以外も各地域にあります。

現在の人気の一つが大洲コロッケで、材料がサトイモなのが特徴です。なめらかな粘り気で、ジャガイモのコロッケとは違う食感と話題です。中華メニューの代表がラーメンで、地域ごとに多様にあります。さらに焼豚玉子飯というメニューも有名です。ご飯の上にチャーシューと目玉焼きが載ったもので、中華風の味付けです。

カニバス旅行では蟹が最大の楽しみですが、現地のローカルメニューも同様に楽しみです。

何かと聞くうちに、実際に食べてみたいと期待が高まります。バス旅行だと帰りの運転の心配もないので、思いきり美食を楽しめます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *